スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとの繋がりを感じるまちづくり

【人とのつながりを感じる街づくり】

岡山市の10年後を見据え、市民の声を聞くためのまちづくりワークショップが岡山市内4か所で行われた。
「住み続けたい岡山」「元気な岡山」「人を育む岡山」の3つのテーマによる話し合いの中で、共通して見られた言葉がコミュニケーション。

世代間を越えた人の集まりの中で語られた3時間。
よりよい地域をと考えた時、箱ものではなく人と人の繋がりというソフト面に表れたことを、岡山市政策局には注視して頂きたい。

8月30日には若者中心のワークショップ、
『若者100人ワークショップ~岡山市の未来をデザインしよう~』も開催予定。
市内在住の高校生からおおむね40歳までの方による対話の場です。

-*-*-*-*-*-*-*

先日ソーシャルライター基礎講座を受講したので、紙面に書くつもりで短くまとめてみました。


そして以下、参加レポート。

10年後の岡山市を見据えた長期構想の立案に際し、市民からの意見を広く集める為のワークショップ 「まちづくりワークショップ@東区」に参加をしてきました。
(各会場市内在住の高校生以上を対象とし、40名程度の定員にて実施。)

東区の会場は西大寺駅から少しあるいた、西大寺ふれあいセンター。
図書館や児童館、温水プールに260席の多目的ホールもある4階建ての立派な建物です。



岡山市政策局 局長 田中利直氏による趣旨の説明に始まり、

岡山市政策局 審議官 門田和宏氏による、現状の岡山市の状況報告。

 私が気になった点をいくつかピックアップ。
  ・健康寿命が低い
  ・医療資源・介護資源は充実
  ・バスの便は地域差がある。
  ・ゴミは平均より発生が多い
  ・農業都市。地産地消に対する安心感。
  ・地域活動への参加は半分不参加(機会がない、時間がない等)
  ・移住先としては人気。
  ・現在は人口増加しているが昭和32年ごろから現象に転じる。


3つのテーマが3テーブルごとの合計9テーブルでワールドカフェ方式でワークショップ開始。
発言を模造紙に書き記し、テーブルを移動し、様々な人と意見を交わしました。
・『住み続けたい岡山』
・『元気な岡山』
・『人を育む岡山』

参加者は地域コミュニティで活動されている方、一般の方、大学生と様々。
(学生はそれほど多くなかったのは地域性???)

1セット20分で席を移動し、別のグループで会話という形式で、3セット話し合いが終了後、
模造紙に残った意見を5つピックアップし貼りだしによる発表をした。

3テーマなので1人3票でピックされた意見に投票し、厳選した。
票が集まったものを下記に抜粋。



「元気な街岡山」
・岡山の知名度向上
・世代間のつながりの有る街に
・うらじゃをもっと大規模に




「人を育む岡山」
・世代間を越えた交流を増やす
・地域コミュニティを大切にしよう
・自分の街、岡山のよいところを知り説明できるようにする
・地域から孤立させない人のつながり



「住み続けたい岡山」
・防災無敵都市にする
・変えるもの変えないものを決める
・交通の便をあげる
・近所の人を気にかける心配する気持ちを大切にしたい




<個人のまとめ>

どのテーマについても、
世代間の繋がりや、協力、気にかけるという意見に票が集まっていたのが印象的でした。
「絆」という言葉が世を駆け巡ったが、その言葉はまだまだ抽象的であると思います。

人を育む為に、
地域の中に先生が居ること。
育む為に共働きの支援を。
次世代へ繋げる人を育む子育てにやさしい地域を。

元気な街の為に、
若者だけ、地域コミュニティへの参加者だけが“個別に”努力するイベントにしない。
地域みんなで作ったお祭りを市外県外へPRを。

住み続ける為に
買い物や移動に困らない交通手段。
防災もさることながら、災害時に助け合える地域コミュニティを。


このそれぞれすべて「絆」です。
絆だけれど、"具体的に" 何が必要なのかを言葉にしなければ何も変わらない。
こういう話し合いの場を作ると共に、興味を持つこと、参加することを続けたい。


一言でいうと、
「個性の名の下に孤立化へ向かう社会は飽和を迎え、転換期を迎えた」
スポンサーサイト

『人』

『サステナブル(sustainable)…持続可能な』という言葉をよく耳にします。

自分の生きている時代だけではなく、先のことを考える言葉だと思います。
今まで限りある自然や環境、労働負荷などへの負荷を自分以外の何かに押しつけて生活してきた。
約3年前、蓋をして見ないことにしていた負荷にひずみがでて漏れ出した。


その経験から、多くの人が考え方や生き方の認識を変えました。
しかしながら、近頃、揺り戻しで今までの考え方に戻りそうになっているのかもしれないと思っています。


この先、原発に対するマスコミの情報の扱いもドンドン少なくなっていくのでしょうか。
もう終わったことのように。
飛び切りくさいものの入ったふたのように。


私は今まで資本主義社会の中で会社員として生活を続けてきました。

企業は社会に必要なモノやコトを提供し続けるため、持続的な成長を目指し、人を雇用する。
人を雇用することと、必要なものを提供するという二面から社会を支える。
そういう一面もあるしそれはこれからも必要だと思います。

ただ、資本主義社会は、例えるなら山ひとつ分の木々を売りさばき、丸裸にしてでもお金を稼いだらものの勝利
のような側面もあります。
湖に居る魚をすべて採りつくし、そこに居る魚のすべてが失われても、環境の変化に問題を摩り替えられてきた。


会社という人間の集まりは、人の集まりに、『空気』という人ならざるものが含まれた集まりだと思っています。
同じように、日本という国も。

一人ひとりが、『人』という自然の動物、個に立ち戻り、小さいことから動き始める。
そして協力しあえる仲間とつながる。

いろいろな方法で考えややりたいことを発信しやすい現代だからこそ、
その『人』としてみつめた、小さいこと、それを共に進められる、協力し合える仲間もみつけられる。


たとえマスコミが発信しなくても、発言をする『人』は居る。
その『人』と『人』の繋がりが一番大切に思います。

テレビもラジオも活用しなくても、江戸という時代は変わりました。
未来に向けて今、もう一度、『人』として個人で感じたこと、やろうと思ったこと。
見つめなおしながら生きたいです。



最後に、最近であった詩を紹介したいと思います。

今年1月15日に亡くなった、吉野弘さんの詩
「生命は」です。


生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も  あるとき
誰かのための虻(あぶ)だったろう

あなたも  あるとき
私のための風だったかもしれない


テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ

自然を意識して生きること


<自然との出会い>
土の中の菌と共に野菜を育てる吉田俊道さんの講演で農に出会い、自然と共に生活することを意識しはじめ、その後、図書館で赤峰勝人さんの本に出会い、農の世界から自然循環を意識し、生活を見つめなおしたいと考えるようになりました。

<決意と目標>
今まで過ごしてきたお金が中心の生活を改め、より自然・地域・人に接する生き方をするためにこれから自分が何をしていくかを深く考えたい!そう、強く感じた2014年の1月。
今までの資本主義社会という一本の軸だけでなく、自然と共に生きる社会というひとつの軸を意識して生活しようと思います。

<将来像>
会社勤めをしながら時間を作り、太陽と水と菌たちが作りだす野菜を頂く。
小規模の自産自消に始まり、将来的には分け合うことを念頭に生活をしていく。
そして、自然や人と繋がり、その循環の中で共に生活する。

実際に体と頭を動かしながら、現代の都会生活から完全に離れた循環生活に戻るのではなく、何かと偏りがちな現代の中で、何かに偏った生活を、自然との共生を、本来の循環した流れを意識して生活バランスを見つめなおして生活をしていく。

<人との繋がり>
将来的には、自然と生きることに興味を持ち、生活を変えていきたいと思っているが、何をしたらいいのか分からない人と繋がり、事例や情報をまとめ、切磋琢磨励ましあえるような交流も作っていきたい!

<まとめ>
まずは『自然と共に』を意識しつつ自分ができることを一つ一つ実現していく年にしようと思います。
自然も野菜も動物もみんな繋がって循環していることを身をもって体感するために。


テーマ : 野菜づくり - ジャンル : 趣味・実用

ネット上の人格

ブログを初めて1053日。
あと一ヶ月少しで丸三年が経過する!

つい先週、2年ぶりに個人用名刺を作り替えようと、
今の自分を振り返る時間を作ってみたのでそのことを。

この二年を振り返ると、Twitter、Facebookと、ネット上に自分を表現する場所を増やしてきた。
2010年2月の『twitterはチャンスの芽だと思う』を読み返してみても、今と同じイメージ。

この記事で言いたいことを抜粋すると
自分のことを明らかにする事で興味のある分野、思想の人との繋がりを求めたり、逆に違ったタイプの人との
繋がりを持つ為のツールになり得るものだから、活用していこうと思うという決意に思う。


雑踏人生の中のワンシーンを切り取るのイメージのTwitter。
自分の生き様をネット上に記録、表現するFacebook。
自分の考え方を記録するブログ。


『それぞれのツール』×『場所という物質的なものから離れた場所に自分を表現するもの』


ここから導かれるものって何だろうと考えていると、自分がブログを始めた時、何をしようと思ったかを思い出した。

初日に考え、トップページの欄にずーっと表示されている言葉。
「洪水から、意味のある情報のピックアップを目指すブログです。 自分の感性や考え方をいろいろな手法を使いながらまとめて紹介します。」


実体ではない自分を表現すると考えた時、大切なことは?
また実体により近づけるために、何をどの強さで発信するか。


もう少し、そんなことを考えてみようと思います。




design

デザイン(design)は、ある対象について、良い構成を工夫すること。意匠(いしょう)。デザインを業とする人をデザイナーと呼ぶ。 (wikiより)



知り合いのデザイナーの一言にハッとした。

***引用

デザイナーというと難しいと感じられる方が多いかも知れない。
しかし、私が考えるデザインとはすべての人に当てはまる。

机をキッチンを、身の回りを掃除すると綺麗になりすっきりする。
そして、やる気になる。元気になる。
これも自分自身のデザインだと。

***引用終わり (一字一句違うものではありませんが概要はこんな話だったかと)

自分自身をデザインするのは自分。
ファッションも、考え方も、歩き方も。

震災以降、いろいろな部分で生活が変わった人も多いと思います。
原発や発電所の知識も、災害対策も、節電やエコ生活のことも。


ただ世論やマスコミに流されるだけではなくて、
自分自身の考え方を、生き方をデザインしていきたいですね!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。