スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地元を大切にしたい ~定額給付金を考えてみた~

国会審議中?の定額給付金について思ったこと。

国がお金をくれるというと地域振興券を思い出すのはもう年かもしれない・・・と思いますが。。
なぜ給付金を地域振興券にしないんだろうかと思う今日この頃です。

給付の目的は、
・経済的負担を軽減すること
・経済の活性化を目指していること
という面であれば同じだと思うのですが。

テレビやインターネットを通じないで、自分が不景気を感じるのは地元経済からではないでしょうか?
・勤めている会社の給与が減った。
・いつも購入していた店が閉店した。
・自治体のサービスの質が落ちた。または住民税が上がった。


人間、70や80になったら若い時のようには働けません。
そうした時、今まで納税をしてきた自治体のお世話になる。
そのためには、自分の住む地域の収入が多くないとサービスは提供できない。

サービスに対する疑問を投げかける前に(権利)を振りかざす前に貢献(納税の義務)
を考えてみてもいいのかなと思っています。

地域振興券について知らない人も多いと思うのでwikiを見てみました。

-地域振興券って?-
地域振興券は1999年4月から9月30日まで使えた商品券でした。
特徴としては、
・発行元の市区町村内でしか使えないこと。
・半年間の期限があること。
・おつりが出ないこと

と、エンデの遺言に出てきた地域通貨的な側面を持った商品券でした。
配布対象は、
・15歳以下の子供(1983年1月2日以降出生者)のいる世帯主。
・老齢福祉年金、障害基礎年金、遺族基礎年金、母子年金、準母子年金、遺児年金、児童扶養手当、障害児福祉手当、特別障害者手当の受給者。
・生活保護の被保護者、社会福祉施設への措置入所者。
・満65歳以上(1934年1月1日以前出生者)で市町村民税の非課税者(課税されている者の税法上の被扶養者を除く)
だったため、総額6,194億円の交付だったみたいです。
(当初は全国民に3万円分 総額約4兆円の検討もされたようですが)




私は、エンデの遺言を読んでお金が生まれた目的について考えました。
お金は、今作った、今採った、捕った、作物や獣・魚が腐ったり痛んだりしてしまい、季節が違うもの同士の交換が難しかった。ことから生まれたと理解しています。
(ひとつの側面としてですが)
ただ必要な物が必要な時期に手に入れるための約束の証だったお金。
例をあげると、米を作っている人は、米が採れる時期にだけ肉が食べられないのは辛い。
(米をそのまま置いておくとねずみに食べられたり、痛んだりしますね)



人間の営みの中で必要とする範囲はそんなに広くないのかもしれません。
山で新鮮な魚が食べたい。砂漠で水が飲みたい。富士山山頂でジュースが飲みたい。宇宙でカレーが食べたい。(食欲ばかりですが^^;)
気がつけば欲望を追い求めて、人間は過ごしてきました。

欲望を捨て去るのは難しいですが、足ることを知ることはとても大切と思います。


長くなってしまいましたが、
今、不景気と言われる今日この頃、定額給付金というお金をもらった時、どう使うか。
きっと今のままでは貯蓄に回るんだろう。と思っています。

貯蓄を増やすため、自民党がお金をくれたと思わせるために定額給付を増やすのではないと思います(後者はあやしいですが)
みなさんは、給付されたら何に使いますか?


続きを読む »

スポンサーサイト

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

リンクのお知らせ

24才。~「いま」を生きる~
『時に日常、時に思い、中途半端な哲学(!?)を綴っていきます(≧∇≦) byあくあまりん』

<紹介>
ブログのタイトルにあるように、「いま」を真剣に見つめ、今感じた思いを分かりやすく表現されています。
若いのに本当にしっかりした文章を書かれます。
勉強になりますよ!

ちなみに、今日、2009/1/24はまりんさんの誕生日です!
Happy birth day♪まりんさん^^

テーマ : 今日の出来事。 - ジャンル : 日記

無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)を読みました。

久々にわくわくとした楽しい本を読んだ気がします♪たまにはこういう本もいいですね^^

学生のころから、冒険もの、特に漂流記が大好きで、ロビンソンクルーソーをはじめ、15少年漂流記等ワクワクして毎晩夜遅くまで読んでいた思い出があります。

最近、ひょんなところでであったこの「無人島に生きる16人」
内容は、明治時代に遭難を船長として実体験した中川教官から話を聞いた、筆者(須川邦彦さん)が、昭和23年に出版した本です。

久々に漂流記を読んで、乗組員の不安、絶望がより理解できる気がしましたが、本当はこんなものではないのだろうとも思いますが。。

この本の良さは、船長をはじめとする老年の船乗りたちのリーダーシップに尽きます。
若い船乗りたちが不安でつぶれてしまわぬよう配慮し、全員で力を合わせて生きていく為にルールを作り、実施、見直しをする。
若い船乗りもベテランの船乗りも、自分にできる全てを全員の為につかう。
そのことがよく分かる部分を引用しておきます。
all for one~みたいですけどね^^;

***以下 引用***
 私が感激したことは、私の部下はみんな、
「一人のすることが、十六人に関係しているのだ。十六人は一人であり、一人は十六人である」
 ということを、はっきりこころえていて、いつも、心をみがくことをおこたらなかったことだ。
*** 引用 終わり***



気が向いたら応援お願いします↓にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

反芻中。


最近、気になる本をいろいろ読んだり調べたりしていますが、
基本的に同じことが書いているような気がしてなりません。
それは私の心の中が、そういう解釈を望んでいるのか、本当にそれが書いてあるのか。
それが疑問です。

表現しながら、反芻しながら、自分の意識に取り込んでいきたいと思います。


<人間の賞味期限>
もちろん食べるわけではありません。
「新しいことを考えられなくなったら賞味期限だという認識」
二十歳で賞味期限が来てる人もいるし、還暦を迎えてもまだまだの人もいる。のが現実です。

まだ還暦まで今まで生きてきた時間と同じ時間があります。
(そこまで生きられるかどうかもポイントですが)
時間の感じ方に興味を持ったのは、終りの時間に向かって意識を初めて持ったからだと思います。

今の考えの中では、どうにもならない部分に心を費やすことなく、自分で変化が起こせる部分を、
どう手なずけるかを考えています。
それがで2008年年末に気がついた、生まれた意味に繋がっています。


書き始めたときに書こうと思っていた、
自分がいま心がけていること、とりあえず列挙しておきます。

<心がけていること>
ノートに記すこと。
計画を立てること。
急がないこと。
自分を認めること。
識者とのかかわり方。

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

リンクのお知らせ


積極的精神で生きる。

相互リンクをお声かけ頂いた、のっぽ187さんのブログです。

30代にして癌を患い、癌との共存を目指して活動をされている方です。
精神科医をされていたこともあってか、読書をされた後のピックアップに素晴らしいものを感じます。

ブログタイトルの「積極的精神で生きる」は、私もしばらく前から気になっている、中村天風先生の
「健康、長寿、良い運命、成功も、人生の全てが積極的精神をしっかり堅持していれば実現できる。」
という考えからきているようです。

一度見に行ってみてくださいね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

天然オリゴ糖の奇跡


いきなりですが、いや~!驚きました!!
実は多くの女性が悩んでいるという便秘で妻も同じように悩んでいました。
水分を気をつけて取るようにしてもだめだし。
ヨーグルトや食物繊維の多いものを食べてもだめ。
しまいにはおなかがキリキリ痛みだす始末で非常に苦しそうでした。

この時期おいしそうに並んでいる干し柿を食べた後は本当につらい思いをする毎日でした。
(柿にはそういう効果があるみたいです)

私も、薬は気持ち悪いし、、、なにかいいものはないのかと以前から気にかけていたのですが、
これなら・・と思ったのがいも?みたいなのからできたオリゴ糖!
1日に5g程度飲み物や、食べ物に混ぜて食べるだけ。

一番いいと思ったのは、妊婦さんが食べても問題ない(自然のものなので当然ですが)
安心のイメージが違いますよね。

それを年末に注文して、到着したのが1月6日!

さて、飲んでどうだったか。結果は続きで。


■脅威のリピート率!便秘に悩む人に爆発的人気の
 天然高級オリゴ糖 一か月分プレゼント!


続きを読む »

テーマ : 健康管理 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

感覚時間は短い? もとめない~

「新しいことに挑戦しているか?」の続き。

この話題を始めてからずいぶんと時間が経過しましたので軽くおさらい。
感覚時間・・・自分が感じる時間の感覚と自分では定義しています。
その感覚が年をとるに従って短くなってきたように感じる。
そのことについて他の人はどのように考えているのだろうと思ったのがきっかけでした。


私の考え方やコメントをくださっている内容を整理すると、
・脳への刺激が無に近づくほど、感覚時間という時間を裏打ちするものが減る。
だから感覚時間が短くなるという考え方。

ネットを検索していてこの考えに近いかな。と思ったのがこの言葉。

人間に与えられた時間が足りないのでなく永遠に生きられるかのように人生を空費してしまうのだ。人生長寿の秘訣それは 精神を雑事に埋没しないこと、毎日を精一杯生きることだ。 皇帝ネロの教師を勤めたローマの哲学者
 ローマの哲学者 セネカLA 前5~後65



それからこれも納得。(結構メジャーな考え方みたいですが)

「人は歳をとるほど、今まで生きてきた時間が長くなるから、その年月に対する“この1年”は、相対的に短く感じられる」ということ。つまり、潜在的に、今まで生きてきたトータルの時間と比較して考えてしまう。
例えば遠くに出かけた時、目的地到着までは長く感じるのに帰りは短く感じられる、ということも説明出来ます。だって行きは目的地到着までの時間は未知なので行きの時間が1分の1、つまり1になりますが、帰りは行きの時間をすでに経験してるので、帰りの時間は2分の1になるからです。


作悪さんの16分の1と、私の30分の1じゃ感じる時間は変わってくるのかもしれませんね^^;



そして、探していて一番素晴らしいなぁ。と感じたのはこの言葉。

求めない---
すると
簡素な暮らしになる

求めない---
すると
いまじゅうぶんに持っていると気づく

求めない---
すると
時間はゆっくり流れはじめる



『求めない』 加島祥造
の一文です。


私たちは灰色の男に時間やお金ばかりか、心まで奪われているのかもしれない思いました。
心を落ち着けて、しっかりと目標を持って。考えながら進むこと。 実践していこうと思います。


最後になりましたが、コメントをくださった、香菜さん。作悪さんに感謝の言葉を。
「ありがとうございます!」

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

お金の意味って?

以前、ミヒャエル・エンデの「モモ」の紹介で少しだけ触れたエンデの気になる本を紹介したいと思います。

ミヒャエル・エンデのモモ以外の作品を探していて、発見したエンデの遺言。
エンデの新しい一面を見た思いでした。

この本は、テレビ番組作成中にエンデが他界した為、録音テープから預かった思いを本に記録したものなので、題名をエンデの遺言としたようです。
読んでみると、エンデは物語を通じていろいろなことを伝えようとしていたのが分かります。

内容は、現在の通貨に対する考え方をはじめ経済論的な部分まで踏み込んだ内容になっています。
この本の中のエンデの言葉を引用すると、

「そこで私が考えるのは、もう一度貨幣を実際になされた仕事や物の実態に対応する価値として位置づけるべきだということです。そのためには現在の貨幣システムの何が問題で何を変えなければならないかを皆が真剣に考えなければならないでしょう。人間がこの惑星上で今後も生存できるかどうかを決める決定的な問いだと私は思っています。重要なポイントはたとえばパン屋でパンを買う購入代金としてのお金と株式取引所で扱われる資本としてのお金は2つの全く異なった種類のお金であるという認識です」


現代の経済の病気、サブプライムローンや原油相場の高騰・暴落を始めとするお金がお金を生むシステムに対して、当時から疑問を定義してくれていると思います。


この疑問についてより理解を深めるには、エンデと同じように、経済学者シルビオ・ゲゼルの「自然的経済秩序」を読むとより理解が深まると思います。
個人的には、お金を時間と共に増えるという利子を生むため、成長継続のが原則となっていることが、最大の問題点だと思っています。

今、この金融危機とも世界恐慌とも言われるこの時代こそ、
この本に出会えたことで学んだ新しい視点を生かせるいいチャンス!
減価しない貨幣や金利制度にのみ愚を求めるのではなく、それを理解した上で今の生活の中に見出し、実行する行動が必要なのだろうと思います。


この本を読んでからもう一度、モモを読み返すと、
灰色の人が盗む時間をお金に換えて、灰色の男を銀行や大資本家と読み替えると、
また新しい現代が見えてくる気がしています。


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」
エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」河邑 厚徳

おすすめ平均
stars今こそお勧めの一冊です
starsお金についてそもそも考えさせられる
stars人間が捕われているもの
stars「お金」の矛盾に対する鋭い指摘
starsマネーゲームに没頭する前に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

第646回「2009年の目標」

明けましておめでとうございます。
年末年始は携帯やパソコンから離れて過ごしていたので遅くなりました。
本年もよろしくお願いします。

FC2ブログの企画で2009年の目標について書くという企画があったので参加。

12月17日に書いた2009年の漢字にも書きましたが、成長する一年にしようと思います。

具体的には
①「マインドマップ」を描くスキルの強化を31歳を迎える3月末までに30枚書く。
ここで自分の興味や苦手分野、マインドマップのわからないこと、活用の仕方が見えてくると考えています。

②6月末までに今度は20枚。
今度は目的を、人に何かを伝えために描く。 

③9月末までにマインドマップ基礎講座を受講する
ここまででわからなかったり疑問に思ったこと、より素晴らしい活用法を求める。


今でも進みたい、やってみたいことはたくさんありますが、まずはマインドマップを描くことを
念頭に置くことでより広くアンテナを張る状態に自分を置けます。
その中で、マインドマップを描く能力と情報収集能力の両方の向上を計ること。

これが自己の成長を視野に置いた上での私の行動です。
勉強しても行動しなければ何にもなりません
がんばります。

続きを読む »

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。