スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシックインカムから思ったこと。

3ヶ月ほど前にベーシックインカムという言葉を聞き、
それについての本に軽く目を通したりしていました。

先週末、ニコニコ生放送でベーシックインカムについての議論があるとTwitterで知り、
見てみました。(http://live.nicovideo.jp/watch/lv11239369)
最初は全員が賛成という中でどのように議論が進むのかと気になりましたが、
それぞれの意識のポイントがそれぞれ違って、面白い3時間ちょっとでした。

ベーシックインカムを語るほどは詳しくはないけれども、自分もどのようにいま考えているのかをまとめて見ようと思います。

ベーシックインカム(以下、Basic Income = BIと表記)は簡単に言うと
・生活保護や年金システムをやめて、すべての人に定額を給付するというシステム。
・毎月定額で渡される定額給付金というイメージ。

昔から、考え方はあったけど2009年に日本新党のマニュフェストに取り上げられたりと、最近日本でも認知度が広まっているみたいです。

◯賛否
収入にはならないが必要なことに邁進する原動力に成り得る
「労働なき富」そのものでもある気もする
自分のやりたい事が見つかっている人ばかりではない
よく考えたら年金で生活している人はBI生活をしているイメージだなぁ

◯労働なき富をもらってどう生きるか
目的、帰属意識に囚われない自己の自由な表現をしながら生きる!
と表現してみるのもの、わかりにくいのでどんな人に分かれるかを妄想
 ・BIの収入では納得出来ないバリバリ働く人(高生活レベル)
 ・BIの収入では納得出来ない少しだけ働く人(中生活レベル)
 ・BIの収入で生活できるよう生活レベルを落とす人(低生活レベル)

◯導入にあたってこうして欲しい
ゲゼル理論の踏襲。
 1.期限がある、もしくは定率で減耗する。
 2.貯めることは出来るが金利はつかない(1は踏襲の上)
 3.今の日本銀行券と分けるために電子マネーで。

◯まとめ
思いつくことを列挙しましたが、内容を見ても分かるように賛成。
しかしながら、今の現状に当てはめるとどのような事態を生むのか。
想像し得る中には、ひどいコトも浮かんでくる。
でもやっぱり人の意欲次第なんだろう。

ベーシックインカムがあってもなくても、自分がどのように行きたいかを見定め、歩んでいる人は歩んでいる人を何人も知っています。
そういう風に、一歩踏み出すにはBIはいいきっかけになるのではないかと思います。
それはもしかしたら、BIのある世界を想像したとき、自分は何をしたいかを考えるということから始まるのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

丸亀ハーフマラソン

完走できた!!
記録は2時間6分1秒。
目標タイムには惜しくも届かなかったけれど、
無事完走できました♪

終盤は聞こえる太鼓の音や、沿道のもうちょっと!
という声に支えられながら、やっとゴールした感じでした。
ありがとうございました♪


また、記憶の残っているうちに残しておこう。

晴天無風のマラソン日和!!
丸亀ハーフマラソンに参加してきました。
前日は、5時起きに不安を覚えながら眠りましたが、そこは遠足気分!
スパッと目が覚めます(笑

駅で一緒に参加の友人たちと合流。
マラソンは個人での戦いですが、一緒に参加が出来るみんなが居てすごくありがたいです。
ももルルRCの皆様!ありがとうございます♪

会場に近づくにつれ、ランナーらしき人たちが増え、大会参加者の多さが伺えました。
総参加者は8000人後半だとか。
スタート前の集合時間まで、早速うどんを食べたり着替えたり、スポーツ用品即売所を物色。
こがね製麺所のうどん美味しかったよ~!ありがとうございました♪

スタート前の集合。9000人弱もいるとものすごい時間がかかる。道に並んでみるとものすごい人!人!!人。
こんなにいたらテレビ映れないなぁ・・・と思っていたら、ついにスタート!    遠くの方で、「パンッ」て音もしたw
もそもそと動き始めるも、スタートラインを超えるのに4分もかかりました(笑

さぁ!気合で出発!!
先日より5km以上走ると右足外側に痛みが発生するようになっていたのでフォームを若干気にしながら走ります。
ちょうど7kmを超えたあたりで、ついに痛みが発生。
無視して走るのも厳しくなり、8kmあたりの坂の上で路肩により、サポーターを装着。
給水所がある度に、水をサポーターの中に入れ冷却を試みながら走ります。

そこでふと気がついたことが。
わざわざ痛い部分にばかり意識を持っていたら、それは痛いよ!!ていうこと。
ぱーっと忘れて、自分の呼吸に意識を向けることに。
ちんたら走っていても大幅に呼吸が乱れるでもないのであえてスピードアップ (たぶんキモチだけw)
息が乱れると意識も集中しやすく、自分の呼吸と足が二人三脚で進みます。
足のことはほとんど忘れ、着々とゴールが近づいています!!
頑張れ俺!!

この時間のことはあまり覚えていませんが、1kmごとにある距離表示と、残り○kmという看板に励まされながら進みます。
やっとの思いで残り4km。ということは、あと1/7か!とか変な計算をしながら進みます。
が、、
足が前にでない。。
止まったらもう走れない!!と思いつつも、歩いてしまいました。
それからは、1km走ったら10m歩くようなゆるゆるルールを作ってしまう始末。 (本人はこれでも必死!W)

もちろん競技場に入る前のおねぇちゃんのいるオールスポーツのカメラマンのところでは気合でダッシュ!
(ちゃんと撮ってくれた? この一枚以外はもう死にそうな顔をして走っている気がします(笑)
競技場の敷地に入ってからは歩かないつもりがまた、歩いてしまう。。2歩、歩いたところで
「あとちょっと!気合だぁ!!」と沿道のおじさんの声。
こころの中でお辞儀をしつつ再度走り始められました。

いよいよ競技場のトラックゲートに到着。
ここからスパート!!と決めていたので、まず止まって屈伸1回(^^;
1周半の600mを猛ダッシュ!!(たぶん気持ちだけw)
屈伸をしている間に抜かれた人くらいは、抜き返したハズ!!

ゴールの瞬間はもう必死!!
ゴールラインを超えて気合で15歩
そのあたりにへたり込む。というか、寝転がる(笑
空を仰いで終わった~!!と思ったら
涙が出そうになる。

休憩をしたあと、記念のTシャツを受け取り、エアーサロンパスの試供品、完走証を受け取った!
15km地点から行きたかったトイレもすました。

さぁ!!仲間のところに帰ろう!とおもうが、足がいよいよ動かない。
階段を1段登るのも一苦労。
しかも、みんなのいる所からは一番とおいトイレからの帰還。
これが一番辛かったかも(笑

ゴールからは随分遅くなっての帰りになったが声をかけてくれる仲間がありがたい。
着替えて荷物をとってきて。
丸亀駅までの送迎バスに乗り込んだら、打ち上げ!!

鳥は美味しいし!ビールはうまいし!
よく飲んで、よく食べ、よく笑った! これが一番ですねぇ♪

テーマ : マラソン - ジャンル : スポーツ

『twitterはチャンスの芽だと思う』

今、流行っていますね~。
先日発売の週刊ダイアモンドもツイッターのおかげ?で増刷するほどだったとか。
(ツイッター特集が載っています)
それにいろんなテレビ番組で特集が組まれて急速に広まっている気がします。
ただ単に意識がそっちに向いているだけかもしれませんが。。

私も始めた昨年7月~12月はなんだこれ??楽しいの?という感じがしていました。
今はこれは楽しい~!と思っているのですが、そう思うまでの経緯とかを書いてみます

基本情報
フォロー…発言者を登録する動詞
フォロアー…発言を読んでくれている人の登録リスト。
タイムライン…フォローした人の発言が表示される所。



<始めた当初>
あー電車混んでるねーとか、今日は暑いねぇという他愛も無いことをつぶやく日々。
発言しても反応はないし、なんだこれは!寂しいじゃないか!と思う日々でもありました。

今思うと、頭の中では一言だけでいいブログだと思っていたんだろうなぁと思います。

<検索を覚えた時期>

自分の居る場所の近くで発言している人を検索する機能を発見し、近所の細い路地で車のミラー削った人やや、「107+1 天国はつくるもの PART2」の全国同時上映を他の場所で見た人を探したりした日々。

ここで同じ方向へベクトルを向けている人に出会う術を発見。
初フォローの体験。(ボタンを押すだけですが^^;)

楽しさ加速! (以下、文字数も増加します(笑)

気になった言葉を検索し、それについて発言している人のタイムラインを読んで
フィーリングが合いそうな人をどんどんフォローする日々。
また、そのフォロアーがRTで引用した人も気になったらどんどんフォロー。

そうすると自分のタイムラインには今自分が気になっている事や、フォローした人の情報フィルターに
かかった言葉やURLがどんどん表示されはじめます。

ジャーナリストや芸能人、話題となった本の著者の何気ない思いや言葉が、雑誌やテレビなどの媒体を
通さずにリアルタイムで届く。
これは楽しい! 新聞や雑誌に書いていないことも、今まさに起こったことについてもどんどん広がる。
フォロアーが増えれば増えるほどいろいろな情報が飛び交う自分のタイムライン。


今ココ


今現状における使い方をまとめると
こういうソーシャルフィルタリングというか、人のフィルターを通じた情報の取得はありだなぁと。
もちろん流れてきた言葉を全部読むのは時間的にも難しいけど、読むときもある。
そこは世の中と一緒で、膨大な情報が流れるなかですべてに反応するのは難しいのと同じ。



さらにこれからの使い方としては
今年の年始には鳩山首相( @hatoyamayukio )がツイッターを始めて話題になりましたが、
ツイッターで発言している政治家も多い。
そんな人のタイムラインを読んだり、気になる事柄に対する評価なんかも検索する。
興味をもつ人の多い話題を検索すると、膨大な量の情報が現れる。

専門家もマニアも一般的なユーザーも。みーんな同じ土俵に出てくる。

これはきっとチャンス!

自分が知っていること。興味のあること。をより深くしり、より深く発言を続けることで
自分がその検索に引っかかったとき。また、自分をフォローしてくれている方の琴線に触れ、
RTしてもらえたときにその分野において一目おかれる存在になり得る。
逆に権威だけで中身の伴わない新聞や雑誌、評論家はピンチになるかもしれないと思っています。

私はツイッターの広がりは、使わない人にまで情報の発信源が磨かれるという面から、
影響を及ぼす!と思っています。

そう考えると自分磨きにはぴったり。
私自身も、そういう風にツイッターを使っていけたらよりよいと思います。

あ、私のツイッターは「hogaraka3」です。
もしよろしければフォローをお願いします



日本電気 ドットインパクトプリンタ PR-D700JX3 PR-D700JX3

テーマ : とっておきの情報いろいろ - ジャンル : ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。