スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感覚時間は短い? もとめない~

「新しいことに挑戦しているか?」の続き。

この話題を始めてからずいぶんと時間が経過しましたので軽くおさらい。
感覚時間・・・自分が感じる時間の感覚と自分では定義しています。
その感覚が年をとるに従って短くなってきたように感じる。
そのことについて他の人はどのように考えているのだろうと思ったのがきっかけでした。


私の考え方やコメントをくださっている内容を整理すると、
・脳への刺激が無に近づくほど、感覚時間という時間を裏打ちするものが減る。
だから感覚時間が短くなるという考え方。

ネットを検索していてこの考えに近いかな。と思ったのがこの言葉。

人間に与えられた時間が足りないのでなく永遠に生きられるかのように人生を空費してしまうのだ。人生長寿の秘訣それは 精神を雑事に埋没しないこと、毎日を精一杯生きることだ。 皇帝ネロの教師を勤めたローマの哲学者
 ローマの哲学者 セネカLA 前5~後65



それからこれも納得。(結構メジャーな考え方みたいですが)

「人は歳をとるほど、今まで生きてきた時間が長くなるから、その年月に対する“この1年”は、相対的に短く感じられる」ということ。つまり、潜在的に、今まで生きてきたトータルの時間と比較して考えてしまう。
例えば遠くに出かけた時、目的地到着までは長く感じるのに帰りは短く感じられる、ということも説明出来ます。だって行きは目的地到着までの時間は未知なので行きの時間が1分の1、つまり1になりますが、帰りは行きの時間をすでに経験してるので、帰りの時間は2分の1になるからです。


作悪さんの16分の1と、私の30分の1じゃ感じる時間は変わってくるのかもしれませんね^^;



そして、探していて一番素晴らしいなぁ。と感じたのはこの言葉。

求めない---
すると
簡素な暮らしになる

求めない---
すると
いまじゅうぶんに持っていると気づく

求めない---
すると
時間はゆっくり流れはじめる



『求めない』 加島祥造
の一文です。


私たちは灰色の男に時間やお金ばかりか、心まで奪われているのかもしれない思いました。
心を落ち着けて、しっかりと目標を持って。考えながら進むこと。 実践していこうと思います。


最後になりましたが、コメントをくださった、香菜さん。作悪さんに感謝の言葉を。
「ありがとうございます!」

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

コメント

「求めない」私もすごくいいなぁって思いました!共感というか、そうありたいなって自分の心にいいきかせました

してほしいより、してあげたい、相手の視点から考えて思いやり考え行動することのほうが、とても楽しいし、充実感があることが最近わかりました(気づくのが遅いですね

求めてばかりいると、叶わないことに落胆したりストレスになり落ち込んだり、無駄な時間を費やしてしまうから、人生の時間の損失ですね

少し話がずれていたらすみません

行きは長く感じられるのに帰りは早く短く感じる・・私も前から不思議だなぁと思っていました

つまり、何事も新しい道、考えや方法を試行錯誤でも探していくほうが、時間も長く充実感のある有意義な時間を過ごせるということになるのでしょうか?

でも、物事に慣れてこそ楽しめるという側面もありますよね?慣れてもより向上を目指す気持ちをもつことが大切なのかな?長々書いてすみません
この時間の話はとても奥が深くていいですね、また書いて下さいね!

時間の話

なかなか難しいです(笑
正解なんて無いから自分の思うことを表現してみます^^
私はこう思うというコメントが増えるとうれしいなぁと思う今日この頃です。

求めない。。については、足るを知るべきことなのかな。と考えています。
老子にも興味を持てた出会いでした。

初めまして

初めまして。のっぽ187と言います。

>人間に与えられた時間が足りないのでなく永遠に生きられるかのように人生を空費してしまうのだ。

そうですね。

>人生長寿の秘訣それは 精神を雑事に埋没しないこと、毎日を精一杯生きることだ。

小さなことに拘らないで、その日その日を精一杯生きるですね。

情報の取捨選択は、僕も関心があります。もっと、うまく取捨選択できるようになりたいな、と思っています。これからも、よろしくお願い致します。

貴ブログとリンクしたいのですが、よろしいでしょうか。

ありがとうございます。

のっぽ187様

時間に関するとらえ方は非常に興味深く、調べれば調べるほど、いろいろな人の言葉があがってきますが、ある一定レベルを超える方の言葉はどれも共通点があるように思います。

中村天風先生の本もじっくり読んでみたいと考えています。

リンクの件、申し出ありがとうございます。
是非リンクさせて下さい!よろしくお願いします。

今後ともよろしくお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。