スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)を読みました。

久々にわくわくとした楽しい本を読んだ気がします♪たまにはこういう本もいいですね^^

学生のころから、冒険もの、特に漂流記が大好きで、ロビンソンクルーソーをはじめ、15少年漂流記等ワクワクして毎晩夜遅くまで読んでいた思い出があります。

最近、ひょんなところでであったこの「無人島に生きる16人」
内容は、明治時代に遭難を船長として実体験した中川教官から話を聞いた、筆者(須川邦彦さん)が、昭和23年に出版した本です。

久々に漂流記を読んで、乗組員の不安、絶望がより理解できる気がしましたが、本当はこんなものではないのだろうとも思いますが。。

この本の良さは、船長をはじめとする老年の船乗りたちのリーダーシップに尽きます。
若い船乗りたちが不安でつぶれてしまわぬよう配慮し、全員で力を合わせて生きていく為にルールを作り、実施、見直しをする。
若い船乗りもベテランの船乗りも、自分にできる全てを全員の為につかう。
そのことがよく分かる部分を引用しておきます。
all for one~みたいですけどね^^;

***以下 引用***
 私が感激したことは、私の部下はみんな、
「一人のすることが、十六人に関係しているのだ。十六人は一人であり、一人は十六人である」
 ということを、はっきりこころえていて、いつも、心をみがくことをおこたらなかったことだ。
*** 引用 終わり***



気が向いたら応援お願いします↓にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

テーマ : 最近読んだ本 - ジャンル : 本・雑誌

コメント

こんばんは。
面白そうですね。
私も冒険ものは好きですよ。

1人はみんなの為に、みんなは1人の為に。

チームプレイは大切ですね。

ですよね!

ともさん

コメントありがとうございます。

薄い本で、しかも楽しい本なのであっ!!という間に読めちゃいますよ!
最近本は買うものから、図書館で借りるものになりましたw
県立図書館に行けば、たいてい物はあるしね。
お勧めですよ!^^

私もこういうの好きです
私の仕事でも同じこと言われてます(笑)

ですねぇ。

チームワークってただ皆でやるだけじゃないですよね。
相乗効果!

こめんと、ありがとうございました(*^_^*)

記事の内容と関係なくて申し訳ございませんが…。
よろしければ、私のブログと相互リンクしませんか??

ありがとうございます!

まりんんさん
おはようございます。

リンクのお誘いありがとうございます♪
こちらこそお願いいたします^^

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。