スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情とのつきあいの中で。

ご無沙汰をしておりました。m(_ _)m

3月5日に生まれた長男の退院、実家への通い夫をしておりました(笑
おかげさまで、3078gで生まれた長男も、3360g!すくすくと元気に育っています♪
ありがとうございます

居ない間のアクセスを見てみると、ETC関連が多いので驚きました。
今の改正に伴った形でまたまとめます!

---

「帰ってくるまでは寝ない!(涙」
「帰ってくるまでお風呂はいらない!!(涙」
3歳5か月の娘が、出産後の入院で妻が居ない日の言葉。

生まれてこのかたほとんどの時間を一緒に過ごした母親が居ない。
 ご飯を食べるとき
 歯を磨くとき
 片づけをするとき
 ふと思い出しては泣く


そんなとき、わがままを言っているのでなく助けを求めていることを理解してあげたい。

「寂しい。」と
そして、寂しいことを否定しない。
なぜなら、その感覚は間違っていないから。

その気持ちをまっすぐに受け取る。するとふっと落ち着きを取り戻す。
「そうだね。寂しかったんだもんね。」

 こんなやり取りの中で感じたこと。



生まれて2週間の赤ちゃんが泣いている時には、ふつう優しく抱きしめて、
おむつかな?
おっぱいかな?
さむいかな?
痛いかな?
とやる。
わからないこともありますが。それでもどうした?と思いつくことをいろいろ試してみる。
するとそのうち落ち着く。


 こんなやり取りの中で感じたこと。


それは本当に人を理解するということ。
大切なのは、相手も自分も責めないこと。
そして、どんな感覚があったのかを、そのまま自分も感じてみる。

・母親が居ないときは、「あぁ。さみしいなぁ。」と。
・おなかがすいているときは「おなかすいたなぁ。」と。

こどもは純粋だからこそ、スムーズに理解ができるのかもしれない。
しかし、人と関わる上で、感情とつきあう上で。と考えると大人でも大差ない。

確かに大人は人それぞれの表現の仕方があるかもしれない。
そこは、人それぞれだ。あの人はそういう表現なんだ。と受け流せたらなんと素敵だろう。




先日聞いた、「感情=感覚+判断」 という言葉が気になっているおり、こういう考察になったのかもしれない。
ただ、今感じることは

今日雨が降っていることも、母親が近くにいないことも、春が近づいていることも。
それはいいことだ!悪いことだ!嫌なことだ!と判断することで感情が生まれている。

ありのまま、今の環境を感じてみよう。 

と感じています。

ただ、それが心の、感情の抑圧にならないのか。
自問自答を繰り返してみようと思います。


---

まずは自分以外の感情との付き合いについて書いてみました。
次は自分自身の感情について書来ます。

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

コメント

人としてとても素晴らしいこと学んでいますね
そんなお父さんがそばにいてくれたら子供さんもきっと素晴らしい人に成長しますね!

素直にありのまま・・うけいれることができないできた私とは大違いな素敵なパパです

これからでも遅くはないですよね
ありがとうございました

ありがたい

香菜さんいつもありがとうございます。

こどもに感謝です。
続けられるか、普段の生活に落とし込めるか。
が大切ですね。

もちろんみんなこれからですよ!
すべての目標が実践できれば人間してないわけで^^
いっぽいっぽ歩きながら、でも寄り道しながら歩んでみます☆

朗さん

┏━━━━━━━━★┃ 
朗さん 始めまして
コメントありがとうございましたo(__)oペコ
お子様誕生 ♪祝v(^O^)v祝♪
3歳5ヶ月の娘さんもいらっしゃるんですね お母さんが入院している間はお留守番
我が家も 1歳11ヶ月で下の子が誕生したので 実家で面倒みてもらって、、もう27年も昔のこと 懐かしいです
暫くはお嬢さんにベッタリ愛情を注いであげてね 皆の目が赤ちゃんにいくから 嫉妬しないようにね
子育て 大変だけど楽しいです 頑張って下さいね               ┃★━━━━━━━━┛

Re: 朗さん

こまみちさん
わざわざコメントありがとうございます。
こどもの感受性には驚かされますね。

今のうちから、きちんと向き合って大きくなってもしっかり対話ができるように
しておこうと思っています。

上のお子さんを今こそ可愛がってさしあげてくださいね。。

すべての人の視線が優弥くんの方に向きがちな今、
小さいお姉ちゃんはきっと淋しい想いをしていると思います。
ここがお父さんの頑張りどころ。何もしなくてもただ抱っこしてあげるだけでいい。
優しく語りかけて、自分も赤ちゃんと同じくらい大事にされてるんだな、
ということを実感させてさしあげてくださいね。
朗さんはきっと、そういうことのお出来になるお父様だとお察しします。
誠実な文章、私などにくださる優しいコメントの、
その本質をしっかりととらえる視点の在り方から、おばばさんはそう信じています。
奥様にもお優しく。
子供がかわいいあまりに、私がちょっと産褥熱のような激しい悪寒で苦しみ、
布団の上に座布団までありったけ重ねてもまだ寒気が止まらない、
といった異常な状態の時、うちの亭主が、
「君、ぬくぬく寝てないで、…のこと、ちゃんと見なさいよ。」と言った時には、
「糞!この人には何も頼むまい!」と心の底で品の悪い悪態をつきましたもんね(笑)。
今は昔の、笑い話ですが。

子育ては学びですね^^

ありがとうございます。
本当に夜中に大きい声を出してみたり、ドンドンと踊ってみたり。
困らせることをすることが多い今日この頃。
沈丁花さんのコメントにもあるように淋しさを感じているんだと感じています。

いつもより長めに一緒にお風呂に入ったり。
私が仕事に行っている間のことを、しっかりと目を見つめて聞いてみたり。
だっこして小さいとき、優弥と同じで抱っこしないと眠らなかったんだよ~
と昔話をしてみたりしてますが、やっぱり母親パワーには敵いませんね(笑
気長につづけてみます^^

沈丁花さんに信じているなんて言われちゃったら実践するしかありませんね!
力強い応援ありがとうございます♪うれしいです^^

ブログはぼちぼちの更新になってしまいますが、またお越し下さいませ^^

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。