スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祈り

東日本大地震で悲惨な情報が報道されている中ですが。

私の住む岡山では震度1 津波も20cm程度でした。
東日本にもこころを通わせた友人がたくさん住んでおり
16時頃一報を聞いてた時は、手が震えました。

しかしながら電話は緊急連絡者のことを考えると利用できず、
Webやメールを通じての安否確認を実施することになりました。

昔を大して知るわけではありませんが、こう言った部分では
便利な世の中になったものだと思います。

連絡をとれた人、未だ取れていない人が居ますが、
情報収集をする上で、であった言葉が胸に残ったので書き記しておこうと思います。

社会学者の久保田裕之さんのTwitterでの言葉。
*****転載ここから******

@hkubota1016
緊急時に、何もしないことが最良でありうることを認め、何もできないことを受け止め、何かした気になることを戒め、何かしないと不安なることと戦うことの別名を、祈ると呼ぶ。

僕は宗教者ではないけど、今回ほど祈ることの意味について考えたことはない。

http://twitter.com/hkubota1016
*****転載ここまで*****

支援発表のこと、義援金のこと、原発のこと、食料のこと、津波のこと、被害状況のことと様々な情報が
耳に入り、胸を痛める中で自分自身、何をすべきだろうかと考えていたとことでこの言葉に出会いました。


久保田さんの追加の発言を見ていると、行動しないことを肯定するんじゃない。
といったような批判が届けられたりしているようですが、
私は、本当に何が必要で自分に何ができるかを考える上で大切なおもいではないかと感じています。


自分と現場のギャップが歯がゆい中、その現実に向き合いつつ、出来ることを一つずつ

久保田さんの言葉を言い換えると
その歯がゆさに負けずにこころを落ち着かせ、事実を見据えることが祈ることなのかもしれません。
その心持ちのなかで自分が出来ることを、粛々と実践していこうと思います。



震災の被害で亡くなられた方のご冥福を祈り致します。
また、数々の事件に耐え忍ばれている方の心からの復興が一日でも早く訪れますように。






テーマ : モノの見方、考え方。 - ジャンル : 心と身体

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。