スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末のご挨拶

今年も更新の少ないブログに足を運んで下さり、ありがとうございました。


今年は震災以降、様々な環境が変化した年になりましたね。
来年はどんな年になるのか。
何を信じて、何を考え、自分がどう動くのか。
将来を不安に思い、立ち止まって周りの人と同調してみる。
そんな一年だったと思います。


先日、福島からの避難されてこられた方の話を伺う機会がありました。
福島へ帰りたいという子供に帰れないと伝えると、現地にいる友達は大丈夫なの?と聞くそうです。
なんと答えることができるでしょうか。。

自分だと「何が正しいかは正しいか分からないけれど、自分の道を選んだんだ」と伝えるかな。。
と思った時、自分自身、何を選択するかを考え、選択したいと感じていることを改めて認識しました。


また、今年は、発信者へと立ち位置を変えた人も多いと思います。
ソーシャルサービスの普及による影響だけではなく、一つ一つの事実に目を向けて、問題を直視し、声をあげる人が増えた。
そのことは、マスコミからだけ情報受け取ることも、信頼できる人を探して情報を得ることもできるようになったということ。

そんな今、受信者が気をつけるべきことは、発信者の情報に惑わされるだけではなく、受け取った情報をもとに何を考え、どう行動するかだと思います。


具体的には、自分が今後生きていく上で何を大切にして生きるのかを考えること。
行動を具体的にして発信者の言葉を少しずつ具現化し、拡散する。

原発はYES?NO? なら電気の使用をどうするのか。
放射能は? ではどこで食べ物を調達するのか。逆に自分が何を提供できるのか。


特に子を持つ親は責任重大。
食べるものも、住む場所も、まだ選択ができないこどもの未来は大人が握っています。
自分一人だけではない、子供の。もしかしたらその先の孫の世代にわたって自分が与える影響は大きい。
ただ、自分はこう思ったからこうした。
そう説明できるようには考えておきたいですね。


ブログを初めて3年が経過し、数少ないあしあとを振り返ると、何にも変わっていない自分。
自分を評価するのではなくて、自分を知るために、残り数日を過ごしたいと思います。

来年も激動の年になりそうですね。
来年もよろしくお願いいたします。

三谷朗裕

テーマ : 思ったこと・感じたこと - ジャンル : 日記

コメント

No title

朗さん。
明けましておめでとうございます。
おめでとう、という言葉をつかうのも躊躇われるようになってしまいました。
が、それでも、また、朝日は上り、新しい年がやってきました。

昨年中は本当にお世話になりました。

ここにお書きになったこと、本当にそうだなあ、と思います。
震災と原発事故は、わたしたちに、どう生きるか、ということを
突きつけたように思いますね。
皆の力で、少しでもいい国にしていきたいものですね。

どうか今年が朗さんご一家にとられまして、素晴らしい年となりますように。
また、本年もよろしくお願いいたします♪

No title

彼岸花さん
いつもありがとうございます。
あっという間に1月最終日となりました。
つい刹那的なfacebookの方に足が向いていけませんね。

おからだ十分にご自愛くださいね。
本年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【年末のご挨拶】

今年も更新の少ないブログに足を運んで下さり、ありがとうございました。今年は震災以降、様々な環境が変
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。