スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『人』

『サステナブル(sustainable)…持続可能な』という言葉をよく耳にします。

自分の生きている時代だけではなく、先のことを考える言葉だと思います。
今まで限りある自然や環境、労働負荷などへの負荷を自分以外の何かに押しつけて生活してきた。
約3年前、蓋をして見ないことにしていた負荷にひずみがでて漏れ出した。


その経験から、多くの人が考え方や生き方の認識を変えました。
しかしながら、近頃、揺り戻しで今までの考え方に戻りそうになっているのかもしれないと思っています。


この先、原発に対するマスコミの情報の扱いもドンドン少なくなっていくのでしょうか。
もう終わったことのように。
飛び切りくさいものの入ったふたのように。


私は今まで資本主義社会の中で会社員として生活を続けてきました。

企業は社会に必要なモノやコトを提供し続けるため、持続的な成長を目指し、人を雇用する。
人を雇用することと、必要なものを提供するという二面から社会を支える。
そういう一面もあるしそれはこれからも必要だと思います。

ただ、資本主義社会は、例えるなら山ひとつ分の木々を売りさばき、丸裸にしてでもお金を稼いだらものの勝利
のような側面もあります。
湖に居る魚をすべて採りつくし、そこに居る魚のすべてが失われても、環境の変化に問題を摩り替えられてきた。


会社という人間の集まりは、人の集まりに、『空気』という人ならざるものが含まれた集まりだと思っています。
同じように、日本という国も。

一人ひとりが、『人』という自然の動物、個に立ち戻り、小さいことから動き始める。
そして協力しあえる仲間とつながる。

いろいろな方法で考えややりたいことを発信しやすい現代だからこそ、
その『人』としてみつめた、小さいこと、それを共に進められる、協力し合える仲間もみつけられる。


たとえマスコミが発信しなくても、発言をする『人』は居る。
その『人』と『人』の繋がりが一番大切に思います。

テレビもラジオも活用しなくても、江戸という時代は変わりました。
未来に向けて今、もう一度、『人』として個人で感じたこと、やろうと思ったこと。
見つめなおしながら生きたいです。



最後に、最近であった詩を紹介したいと思います。

今年1月15日に亡くなった、吉野弘さんの詩
「生命は」です。


生命は
自分自身だけでは完結できないように
つくられているらしい
花も
めしべとおしべが揃っているだけでは
不充分で
虫や風が訪れて
めしべとおしべを仲立ちする

生命は
その中に欠如を抱き
それを他者から満たしてもらうのだ

世界は多分
他者の総和
しかし
互いに
欠如を満たすなどとは
知りもせず
知らされもせず
ばらまかれている者同士
無関心でいられる間柄
ときに
うとましく思うことさえも許されている間柄
そのように
世界がゆるやかに構成されているのは
なぜ?

花が咲いている
すぐ近くまで
虻(あぶ)の姿をした他者が
光をまとって飛んできている

私も  あるとき
誰かのための虻(あぶ)だったろう

あなたも  あるとき
私のための風だったかもしれない


テーマ : 大切なこと - ジャンル : ライフ

コメント

No title

こんばんは!
お久しぶりです♪
や~、自分のところにいただいたコメントに返事書く前に、すっ飛んできちゃいましたよ~!(笑)ほんとにご無沙汰でした~。^^

久しぶりの記事ですが、2つとも素晴らしいですね。
うんうんと何度もうなづきながら読ませていただきました。
本当に、人類は、どこかでこの地球の利用には限界というものがある、ということを考えなければならないと私も思っています。

たくさんお話やご報告したいことがあるんですよ~。^^
こんばんはもう遅いので、また明日、伺わせていただきますね~。^^
ブログ復活。嬉しいです♪

さっそく!

彼岸花さん
夜中にありがとうございます^^
一つ目のを書いているうちに
いつか書きたいと思っていた題材に火がつきました(笑)
気がついたらこのブログも、1869日目。
5年と少し…

そりゃ子供も庭の沈丁花も大きくなりますね。
お話聞かせて頂くの楽しみにしてますっ!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。